黒猫の額:ペットロス日記

息子は18歳7か月で虹の橋を渡りました

春なのに・・・別れとは

春分の日の21日、幼馴染のKが亡くなったと、昨日になって知った。
家族の手で、もう密葬も済んでいた。

Kはたぶん人生で一番最初の友達だと思う。
向こうにとっても、たぶんそう。
保育園のころは、いっしょにお風呂にも入ってたな。
小柄で、マコトちゃんヘアで、男だけどエレクトーンがうまくて、
おやつ作りもうまくて、シュガートーストなんか焼いてくれた。

私が留学するときの寄せ書きに「これで18年間の恐怖も一区切り」と書いてあって、
なんのこっちゃと思っていたけれど。え?怖かったの???

披露宴のDJもしてもらった。
でも、最近は全然連絡を取っていなくて・・・

「連絡をくれ」と名刺を二枚もらったのはいつだったか。
実家の母親経由で、手元に届いた。
バス停で会ったのだそうだ。

表参道のKの勤務先は、私が通う病院の近くだったと思う。
通院のついでにランチもいいかもね、と思ったが、
いいかげんにも名刺はどこかにしまってしまった。

あちらは実家にそのまま住んでいるし、帰省すればいつでも会えると思っていた。
それに・・・もうちょっと、こちらの体調が回復してから会おうと思っていた。
心配させていると知っていたから。

それが、それなりに元気になったら忙しくなり、実家にも足が遠のき・・・。
まさか、あちらが1年前の3月から体調を崩しているとは知らなかった。

口止めされて、知っていた友人は地元の2人だけ。
ずっと他の友人たちには言えずに、痩せていく本人を見舞うのはつらかったと思う。
昨日は、「よく耐えてくれたね、ありがとう」と電話口で泣くしかなかった。

Kも、元気になってからみんなに連絡しようと思っていたのかな。
本人も・・・死ぬとは思っていなかったのではないかな。

今、急に身軽になって、びっくりしているかもしれない。
実は隣にいて、頭をガンガン小突かれているかもな・・・。
いいよ、小学校の時に背中をバンバン叩いてたもんね、私。
いくらでもどうぞ。

昨日から涙が止まらないが、
グリーフケアを学んでいるんでしょ」と家族に言われたので
「おお!しっかり泣いて泣いて泣きまくるぞ!」と宣言した。

ご家族の許可が出たら、みんなで会いに行くよ。