黒猫の額:ペットロス日記

息子は18歳7か月で虹の橋を渡りました

『いのちの学校』

イメージ 1

ようやく、こちらでもご報告できるようになりました。
本日から、ネット書店のhontoでの扱いが始まったので・・・
「いのちのミュージアム」が企画、色々あって2年がかりで出版できた『いのちの学校』(夏葉社)です。

こういう時、「まったく自己主張や宣伝が激しいんだから~」と取られてしまうことがどうしてもあることは承知しているけれども、私が書いたからとか関係なく、15家族のまごころの物語に接してもらいたいと思います。切なくて仕方ないけれど、優しい温かい気持ちになれること請け合い。涙もろいもので、書いている途中も涙、推敲で読み返しても涙、ゲラチェックでも涙涙で困りました。